2020年4月16日木曜日

pacmanのアップデートでp11-kit-trust.so exists in filesystemのエラーが発生した時の対処法

pacmanのアップデートでp11-kit-trust.so exists in filesystemのエラーが発生
pacmanでArch Linuxのパッケージをアップデートしようとしたら、conflicting filesのエラーが発生してアップデートができなくなっていた。

# pacman -Syu
:: Synchronizing package databases...
...
error: failed to commit transaction (conflicting files)
nss: /usr/lib/p11-kit-trust.so exists in filesystem
Errors occurred, no packages were upgraded.

Arch Linuxの公式ページを確認すると、nss>=3.51.1-1、lib32-nss>=3.51.1-1がアップデートファイルに含まれる場合、pacmanのオプション追加が必要とのこと。この記事では、このエラーの対処法についてまとめておく。


Arch Linuxの公式ページの情報
Arch Linuxの公式ページの情報を載せておく。対処法は簡単。pacmanのオプションに、「--overwrite /usr/lib\*/p11-kit-trust.so」をつけるだけ。


nssとは、Network Security Servicesというアプリケーション。FirefoxやChromiumによっても使われている。

$ pacman -Qi nss

Name            : nss
Version         : 3.51-1
Description     : Network Security Services
Architecture    : x86_64
URL             : https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Mozilla/Projects/NSS
Licenses        : MPL  GPL
Groups          : None
Provides        : None
Depends On      : nspr>=4.25  sqlite  zlib  sh  p11-kit>=0.23.19
Optional Deps   : None
Required By     : chromium  evolution-data-server  firefox  flashplugin  gnome-settings-daemon
                  libcacard  libnm  libnm-glib  liboauth  libreoffice-fresh  poppler  thunderbird
                  volume_key  xmlsec
Optional For    : apr-util
Conflicts With  : None
Replaces        : None
Installed Size  : 5.02 MiB
Packager        : Jan Alexander Steffens (heftig) 
Build Date      : 2020年03月07日 11時12分18秒
Install Date    : 2020年03月15日 13時09分08秒
Install Reason  : Installed as a dependency for another package
Install Script  : No
Validated By    : Signature

「--overwrite /usr/lib\*/p11-kit-trust.so」オプションをつけてアップデート
それでは、実際に「 --overwrite /usr/lib\*/p11-kit-trust.so」のオプションをつけてアップデートを実行してみる。

# pacman -Syu  --overwrite /usr/lib\*/p11-kit-trust.so

:: Synchronizing package databases...
 core is up to date
 extra is up to date
 community is up to date
 archlinuxfr is up to date
:: Starting full system upgrade...
resolving dependencies...
looking for conflicting packages...
...
==> Generating module dependencies
==> Creating gzip-compressed initcpio image: /boot/initramfs-linux-fallback.img
==> Image generation successful
( 7/11) Updating GIO module cache...
( 8/11) Updating icon theme caches...
( 9/11) Rebuilding certificate stores...
(10/11) Updating the desktop file MIME type cache...
(11/11) Updating the MIME type database...

今度はエラーなく、アップデート完了。

この類のpacmanのエラーは時々出てくる。エラーが出てもむやみにコマンドを編集したりせず、ネット上の情報を探したほうが良い。ほとんどの場合、Arch Linuxの公式ページかフォーラムに対処法が載っている。


参考:

[1]Arch Linux - News: nss>=3.51.1-1 and lib32-nss>=3.51.1-1 updates require manual intervention

スポンサーリンク

スポンサーリンク


関連コンテンツ


この記事をシェアする

0 件のコメント:

コメントを投稿