メディア作成ツールの使い方

スポンサーリンク

メディア作成ツールの使い方
メディア作成ツールとは、Microsoftから提供されているツール。Windows 10のインストーラー作成などを自分で行うことができ、Windows 10を再インストールする時には、非常に便利なツール。

インストーラーが付属していないPCで、Windows 10を再インストールしたい場合はメディア作成ツールは必須となるツール。非常に役立つツールではあるが、メディア作成ツールの使い方は、あまり知られていないと思う。

そこで、このページでは、実際にメディア作成ツールを使ってWindows 10をインストールした時の方法を解説例として、メディア作成ツールの使い方と、メディア作成ツールを使ってWindows 10をインストールする方法をまとめた。


メディア作成ツールで何ができるのか?
メディア作成ツールを使うと、大きく分けて以下の2つのことを行うことができる。

  • Windows 10の再インストールメディアの作成
  • Windows 7, 8からWindows 10へのアップデート

このページでは、1つ目に挙げた「Windows 10の再インストールメディアの作成方法」と「作成したインストールメディアを使ってWindows 10をインストールする方法」を解説する。

メディア作成ツールではどのようなインストールメディアが作成できるのか?
メディア作成ツールで作成できる、インストールメディアは以下の通り。

  • USBメモリ
  • DVD
  • ISOファイル

以前は、Windowsを再インストールする場合は、Windowsの入ったDVDなどを持っていないと、Windowsを再インストールできなかったが、今はメディア作成ツールを使えば自由にインストーラーを作成できるようになっている。

メディア作成ツールはインターネット経由でWindowsのOSをダウンロードし、USBメモリ、DVD、ISOファイルなどにWindowsを書き込める。つまり、インターネット経由でWindowsのOSが自由にダウンロードできるようになっている。一昔前ではありえないことだが、今ではこれが普通となっている。

USBメモリからWindows 10をインストールする方法
USBメモリを使ってWindows 10のインストーラーを作成する方法と、USBメモリからWindows 10をインストールする方法を解説する。

光学ドライブが付いていないPCにWindows 10をクリーンインストールしたい場合や、Windows 10のOSが起動しなくなってしまったPCなどにWindows 10を再インストールしたい場合には、以下の記事を参考にしてほしい。

2018年5月6日
メディア作成ツールでWindows 10のUSBメモリのインストーラーを作成する方法 | 普段使いのArch Linux

2018年5月13日
USBメモリからUEFIモードでWindows 10を再インストールする方法 | 普段使いのArch Linux


ISOファイルからWindows 10をインストールする方法
Windows 10はISOファイルからも再インストールできるようになっている。ISOファイルで行えば、USBメモリやDVDなどにWindows 10を書き込む必要はない。

ただし、Windows 10上で再インストールを行うことになるため、再インストールしたいPC上のWindows 10は正しく動作しなければならない。

2018年6月3日
Windows 10のISOファイルをダウンロードする方法 | 普段使いのArch Linux

2018年6月3日
ISOファイルからWindows 10を再インストールする方法 | 普段使いのArch Linux


メディア作成ツールの関連記事
その他の、メディア作成ツールに関連する記事をまとめておく。

2018年5月12日
メディア作成ツールでインストーラーの作成に失敗したUSBメモリをフォーマットする方法 | 普段使いのArch Linux

2018年5月12日
メディア作成ツールでエラー(0x80004005 - 0xA001A)が出て、USBインストーラーが作成できない時の対処法 | 普段使いのArch Linux

スポンサーリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿