2018年12月9日日曜日

IPv6で「どこでもDIGA」が使えない時の対処法

IPv6で「どこでもDIGA」が使えない
先日、NECのIPv6ルーターAtermのサポートページに、IPv6接続では「どこでもDIGA」が使えなくなる場合があるという情報が載っていた(Atermとパナソニック製テレビ / レコーダーを接続して「Media Access」あるいは「どこでもディーガ」をご使用の場合について|サポート技術情報|目的別で探す|Aterm(エーターム) サポートデスク)。

そこで、実際に現在使用しているIPv6ルーターの「Aterm WG2600HP3」を使って、「どこでもDIGA」が使えるかを検証し、さらに、使えなかった場合の対処法を考えてみた。


2018年12月4日火曜日

IPv6回線で「どこでもDIGA」が使えない?検証結果のまとめ

IPv6回線だと「どこでもDIGA」が使えない?
2018年10月23日に、NECのAtermサポートページに「Atermとパナソニック製テレビ / レコーダーを接続して「Media Access」あるいは「どこでもディーガ」をご使用の場合について|サポート技術情報|目的別で探す|Aterm(エーターム) サポートデスク」というお知らせが掲載されていた。

お知らせによると、IPv6回線を使っていると「どこでもDIGA」が使えない場合があるとのこと。そこで、現在使用しているBIGLOBEのIPv6回線で、「どこでもDIGA」が使えるか検証してみた。

「どこでもDIGA」はPanasonicのブルーレイレコーダーのDIGAのサービスで、iPhoneやスマホからDIGAに録画したテレビ番組を宅外から視聴したり、DIGAに録画したテレビ番組をiPhoneやスマホに持ち出したりできる。

これまでIPv4回線でどこでもDIGAを使っていたが、IPv6回線ではUPnPなどの機能が使えなくなるのでどこでもDIGAが使えなくなってしまう可能性がある。この記事に、IPv6接続でどこでもDIGAが使えるのか検証した結果をまとめた。


2018年12月2日日曜日

IPv6とIPv4が混在すると回線速度が遅くなる?検証結果のまとめ

IPv6とIPv4が混在すると回線速度が遅くなる?
IPv6を有効にしている回線であっても、IPv4接続を使うことができる。IPv6用とIPv4用ルーターをそれぞれ用意すれば、IPv6とIPv4接続を混在させて使うこともできる。

IPv6とIPv4を混在させてインターネットを使うと、回線速度が遅くなるのか検証してみたので、その結果をまとめた。


2018年12月1日土曜日

IPv6のみで接続してWebサイトが見れるか確認

IPv6のみで接続してWebサイトが見れるか確認
IPv6のみで接続した場合、インターネットとの接続はIPoEで行われる。したがって、IPv6に対応したWebサイトのみが見れるため、WebサイトがIPv6に対応しているかどうか確認できる。

IPoE接続を使っていても、MAP-EやDS-LiteといったIPv4overIPv6プロトコルが利用できれば、IPv4のサイトも見ることはできるが、今回はIPv6のみで接続してどのWebサイトが見れるか確認してみた。


IPv6とIPv4を共存させ同時接続する方法

IPv6とIPv4を共存させ同時接続する
IPv6接続を有効にした回線では、IPv6(IPoE)とIPv4(PPPoE)のどちらも利用することができるし、IPv6とIPv4を同時に使うこと可能。

IPv6とIPv4の同時接続するためには、「IPv6(IPoE)用ルーター」と「IPv4(PPPoE)用ルーター」の2台のルーターを用意すれば良い。「IPv6用ルーター」1台だけでもIPv4overIPv6により、IPv4にしか対応していないWebページを見たりすることはできる。しかし、UPnPなどのIPv4でしか提供されていない機能を使ってインターネットに接続するには「IPv4専用ルーター」を使う必要がある。

「IPv6用ルーター」と「IPv4専用ルーター」の2台のルーターを使うことで、「回線速度を早くしたい接続はIPv6接続で、IPv4にしか対応していないUPnPなどのサービスはIPv4接続で」という使い方が可能。

この記事では、IPv6とIPv4を共存させ同時接続する方法について解説する。