2018年9月22日土曜日

【BIGLOBE光】IPv6接続とIPv4接続の回線速度の比較

BIGLOBE光のIPv6接続とIPv4接続の回線速度を比較
BIGLOBE光のIPv6接続を、最近使い始めた。IPv6接続とIPv4接続でどの程度回線速度が違うのか気になったので、回線速度を比較してみた。

IPv6接続の回線速度を測ってみると、やはりとんでもなく速かった。LANケーブルで接続したパソコンでも、Wi-Fiで接続したiPhoneでもとんでもない回線速度が出るようになった。

IPv4接続と比較すると、IPv6接続のダウンロードは約15〜22倍の回線速度が出ていた。

回線の料金は同じなのに、こんなに回線速度が違うとは…


【光電話なし】IPv6通信するためのルーターの設定と接続方法

IPv6通信するためのルーターの設定と接続方法(光電話なし)
IPv6通信する際、正しくルーターを設定しないとIPv6で接続できない。しかも、光電話の契約の有り無しによってルーターの設定は異なる。

IPv6の通信サービスや対応ルーターが出回り始めてから間もないため、ルーターの設定や接続がうまくできずに、IPv6通信できずに困っている人もいると思う。

この記事では、光電話なしでIPv6通信するためのルーターの設定と接続方法を紹介する。


GNOME 3.30インストール|GNOME 3.30の特徴と変更点

GNOME 3.30のリリース
2018年9月5日に、GNOME 3.30がリリースされた。前回のGNOME 3.28でのアップデートに比較して、あまり大きな変更点はない。

GNOME 3.30になり、デスクトップ環境自体のシステムのリソース使用が削減されたとのこと。最近開発が進んでいる、GNOMEのサンドボックス(アプリケーション用の仮想環境)「Flatpak」もアップデートされている。Ubuntuのサンドボックス「Snaps」も開発が進んでいるため、今後どちらが広く普及するのか気になるところ。

細かい変更点だが、GNOME 3.30になりファイルブラウザ(Nautilus)のアドレスバーのデザインが変わっていたり、「設定」のデバイスメニューにThunderboltが追加されたりしている。

Arch Linuxの公式リポジトリにパッケージが登録されたので、早速インストールして使ってみた。


2018年9月14日金曜日

IPv4とIPv6のプロトコルやサービスの違いのまとめ

IPv4とIPv6のプロトコルやサービス
インターネット接続をIPv6化しようと思い、プロバイダーやネットワーク機器を変えることにした。IPv6についてはほとんど知識がなかったので、導入前にIPv6について下調べした。

下調べした結果、プロトコルやサービス、機器の接続方法などでIPv6はIPv4と全くの別モノということがよく分かった。こんなに違うとは、想定外…(汗)

IPv6接続を使うと通信速度を高速化できるようになるが、知識がないと色んな落とし穴にハマって、うまく接続できなかったりパソコンやネットワーク機器の設定を間違えたりしてしまうと思う。

そこで、IPv6とIPv4の違いについて、分かったことを記事にまとめておく。IPv6導入を検討している人の参考になればと。


2018年8月23日木曜日

【Windows 10】VMwareのインストールとBIOSの設定方法

Windows 10にVMware Workstation Playerをインストールする
仮想マシンを作るソフトウェアとしては、VMware Workstation Player(略して「VMware」とも呼ばれる)とVirtualBoxが有名。どちらも無料で使えるので色んな場面で使われている。

VMwareはプロプライエタリであるのに対し、VirtualBoxはオープンソース。したがって、WindowsがホストOSの場合はVMwareを、Linux系のOSがホストOSの場合はVirtualBoxを使うことが多い。

VMwareは商用版も存在しプロプライエタリになっているが、その分VirtualBoxと比較すると高機能になっている点がある。例えば、VMwareはUEFIモードでのゲストOSのインストールへの対応が進んでいるのに対して、VirtualBoxでは対応が遅れている。

VirtualBoxでのUEFIの対応状況は、以下のような状況(VirtualBoxマニュアルより)。
Note that the VirtualBox EFI support is experimental and will be enhanced as EFI matures and becomes more widespread. Mac OS X, Linux and newer Windows guests are known to work fine.Windows 7 guests are unable to boot with the VirtualBox EFI implementation.

Windows 10をゲストOSとして使うのであれば、VMwareを使うのがオススメ。ただし、VMwareをインストールする際は、BIOSの設定なども一緒に行う必要があり注意が必要。BIOSの設定を行わないと64 bitのゲストOSがインストールできなかったり、マルチコアCPUが使えなかったりするため。

この記事では、BIOSの設定方法とWindows 10上にVMwareをインストールする方法を紹介する。


2018年8月18日土曜日

開発停止されたyaourt, packerをアンインストールして代替のAURヘルパーに移行する方法

AURヘルパーのyaourt, packerは開発停止されている
これまでArch LinuxのAURヘルパーとしてyaourtやpackerを使ってきたが、いずれのヘルパーも開発が停止されている。最近は、yaourtやpackerは時代遅れで、他の新しいAURヘルパーが使われるようになっているらしい。

気づいたきっかけは、pacmanのパッケージアップデートで以下のようなエラーが出たため。
# pacman -Syu

:: Synchronizing package databases...
 core                                 131.7 KiB   450K/s 00:00 [##################################] 100%
 extra                               1686.6 KiB   725K/s 00:02 [##################################] 100%
 community                              4.4 MiB  2.47M/s 00:02 [##################################] 100%
 archlinuxfr is up to date
:: Starting full system upgrade...
warning: packer: local (20150808-1) is newer than community (1.2.5-1)
resolving dependencies...
looking for conflicting packages...
...

これまで使ってきたpackerはAURからインストールしたパッケージ。「packer: local (20150808-1) is newer than community (1.2.5-1)」というエラーを最初に見た時は、packerがArch Linux公式のcommunityリポジトリに登録されたのかと勘違いした。

communityリポジトリに登録されたpackerに切り替えようと思い、下調べしてみるとどうやらcommunityに登録されたpackerはAURヘルパーではない、全く別のソフトウェアだった。

pacmanのパッケージアップデートで、同じように「packer: local (20150808-1) is newer than community (1.2.5-1)」のエラーが出ている人は勘違いしないでほしい。


AURヘルパーaurmanのインストール方法と使い方

AURヘルパーaurmanのインストール方法と使い方
これまでArch LinuxのAURヘルパーとしてyaourtやpackerを使ってきたが、どちらのヘルパーも開発停止されている(ちなみに、pacaurも開発中止)。そこで、現在も開発が継続されている新しいAURヘルパーのaurmanをインストールすることにした。

aurmanのインストール方法の紹介の前に、aurmanの特徴をまとめておく。
  • pacmanと同じオプション、似た文法で使える。
  • パッケージの依存関係やコンフリクトの確認を行える。また、パッケージの分割もできる。
  • AURパッケージの検索が行える。
  • AURパッケージのビルドの前に、PKGBUILDファイルの確認と編集ができる。

この記事に、aurmanのインストール方法と簡単な使い方をまとめておく。


2018年7月29日日曜日

iPhoneのWalletアプリにANAのSKiPサービスの2次元バーコードを登録する方法

iPhoneのWalletアプリにANAのskipサービスの2次元バーコードを登録
ANAの国内線の飛行機に搭乗する場合は、事前にiPhoneにSKiPサービスの2次元バーコードを登録しておくのがオススメ。

2次元バーコードを登録しておけば、紙のチケットは印刷、発券せずに飛行機に搭乗できる。空港のカウンターにも立ち寄る必要もないので、待ち時間を短縮できる。

2次元バーコードは、保安検査場(手荷物検査)と搭乗口にあるQRコード読み取り器の両方で読み取り可能。したがって、保安検査場、搭乗口の両方でiPhoneをタッチするだけで通過できる。

ANAの2次元バーコードは、iPhoneではWalletアプリ(旧Passbookアプリ)に登録する。この記事では、iPhoneのWalletアプリに2次元バーコードチケットを登録する方法を紹介する。



HDDで不良セクターが発生しファイルがコピーできない時の対処法

HDDで不良セクターが発生しファイルがコピーできない
先日、不良セクターが発生しているHDDがあることを発見した。HDD自体は動いているしディスクユーティリティ上も「使用可能」と表示されていたので、しばらく放置していた。

不良セクターが発生しているHDDの代替のHDDを探していて、この前Amazonのタイムセールで目当てのHDDが安く売っていたので、購入してデータを移行することにした。

ちなみに、GNOMEのディスクユーティリティ上では以下のように「2096個の不良セクターがありますが、使用可能です」と表示されていた。今回不良セクターが発生したのは、SeagateのBarracuda ST3000DM001。


LinuxでUSBデバイスがUSB 3.0で接続されているか確認する方法

LinuxでUSBデバイスがUSB 3.0で接続されているか確認する
普段あまり気にしていなかったけど、Linux上でUSBデバイスがUSB 3.0で接続されているか確認する機会があったので、その方法を記事にしておく。

USBデバイスの名称は、USB 3.0, 2.0...以外にも色々あってややこしかったので、自分のためにも整理して記事に残しておく。今さら感はあるけど、参考にしていただければと思う。


2018年7月28日土曜日

pacmanのmirrorlistのftp.tsukuba.wide.ad.jpでエラーが発生

pacmanのmirrorlistのftp.tsukuba.wide.ad.jpでエラーが発生
最近pacmanでパッケージアップデートをする際、ftp.tsukuba.wide.ad.jpのサーバーでエラーが発生するようになっていた。

発生するエラーは以下の通り。The requested URL returned error: 503のエラーが発生。
# pacman -Syu

:: Synchronizing package databases...
error: failed retrieving file 'core.db' from ftp.tsukuba.wide.ad.jp : The requested URL returned error: 503
 core                                 131.9 KiB   139K/s 00:01 [##################################] 100%
error: failed retrieving file 'extra.db' from ftp.tsukuba.wide.ad.jp : The requested URL returned error: 503
 extra                               1652.3 KiB  1033K/s 00:02 [##################################] 100%
error: failed retrieving file 'community.db' from ftp.tsukuba.wide.ad.jp : The requested URL returned error: 503
 community                              4.5 MiB   806K/s 00:06 [##################################] 100%
 archlinuxfr                           12.8 KiB  45.1K/s 00:00 [##################################] 100%
:: Starting full system upgrade...
resolving dependencies...
looking for conflicting packages...

Packages (34) chromium-68.0.3440.75-1  curl-7.61.0-2  eog-3.28.3-1  fuse-common-3.2.4-2  grilo-0.3.6-1
...

ftp.tsukuba.wide.ad.jpのサーバーの状況を確認してみたら、やはり最近エラーが多く発生していることが分かった。なので、pacmanのmirrorlist上で、ftp.tsukuba.wide.ad.jp以外のサーバーを優先することにした。


2018年7月22日日曜日

iPhoneでANAのマイルを利用して航空券を予約する方法

iPhoneでANAのマイルを利用して航空券を予約する
ANAをよく使う人やANAのクレジットカードを持っている人であれば、マイルを使って飛行機に乗る人も多いと思う。

マイルを使っての航空券の予約は、ANAのマイレージクラブのWebページからできるようになっているが、iPhoneやスマホからも簡単にマイルを使って航空券を予約できるようになっている。

ちなみに、ANAの国内線特典航空券(マイルを使って予約できる航空券)は、「搭乗2カ月前の同一日午前9:30から搭乗日4日前」の期間で予約可能。

iPhoneやスマホから航空券を予約すれば、ついでに2次元バーコードの追加等もできるのでオススメ。この記事では、iPhoneからANAのマイルを使って航空券を予約する方法をまとめておく。


pacmanでアップデート後にArch LinuxがEmergency modeで起動するようになった時の対処法(その2)

pacmanでアップデート後にEmergency modeで起動するようになった
先日、pacmanでアップデート後にArch LinuxがEmergency modeで起動するようになってしまったことを記事にした。

2018年7月16日
pacmanでアップデート後にEmergency modeで起動するようになった時の対処法 | 普段使いのArch Linux

上のページでは、pacmanでアップデートしたlvm2 (バージョン2.02.179-1) が悪さをしており、lvm2-2.02.179-1のバージョンからlvm2-2.02.177-5にダウングレードすれば、Arch LinuxがEmergency modeで起動する不具合を応急処置的には解決できることについて、記事にしていた。

先日、不具合があったlvm2-2.02.179-1の次のバージョンのlvm2-2.02.180-1がリリースされ、そのバージョンにlvm2をアップデートすることで、Arch LinuxがEmergency modeで起動してしまう不具合を完全に解決できるようになった。そのことについて、記事にしておく。


2018年7月21日土曜日

ANAの無料Wi-FiではYouTube、Netflix、Hulu、Amazonプライムビデオが利用できない?

ANAの無料Wi-Fiでは、YouTube、Netflix、Hulu、Amazonプライムが利用できない?
2018年4月1日から、ANAが機内での無料Wi-Fiサービスを開始した。旅行や出張でANAの飛行機をよく使う人にとっては、非常に嬉しいサービスだと思う。

ただし、ANAの無料Wi-Fiは通信容量が大きくないため、動画アプリは利用できないようになっている。無料でWi-Fiが使えると聞くと地上と同じ感覚で使えると思ってしまう人もいるかと思うが、そうではないので注意が必要。

この記事では、ANAの無料Wi-Fiで利用できないサービスと、その対処法についてまとめておく。


2018年7月16日月曜日

GNOMEのtrackerを無効化する方法

GNOMEのtrackerを無効化する
GNOMEのtracker関連のツール(tracker-miner-fs, tracker-extract, tracker-store)が、バックグラウンドでCPUに過剰に負荷をかけ、PCの動作が重くなることがある。バックグラウンドのプロセスで原因がよく分からないまま、PCが重くなってしまうのでかなりイライラすると思う。

trackerにより動作が重くなったPCの不具合を解消する方法は、以下のページにまとめてある。この方法では、tracker自体は無効にしなくて解決できる方法なので、trackerよって動作が重くなったPCを改善したい場合は、まず以下の方法を試してみてほしい。

2018年7月16日
GNOMEのtrackerによってCPU負荷が高くなりPCが重くなる時の対処法 | 普段使いのArch Linux

上のページの方法で、どうしても解決できない場合はこの記事の方法でtrackerを無効にしてみることをオススメする。間違っても、依存関係を無視してtrackerをアンインストールしてはいけない。


GNOMEのtrackerによってCPU負荷が高くなりPCが重くなる時の対処法

GNOMEのtrackerによってCPU負荷が高くなりPCが重くなる時の対処法
GNOMEのtracker関連のツール(tracker-miner-fs, tracker-extract, tracker-store)によって、CPU負荷が高くなりPCの動作が重くなることがある。

trackerはGNOMEが採用している、ファイル検索エンジン。ファイルの名前だけではなく、ファイルの中身まで検索できるようにインデックスを作成してくれるので、非常に便利なツールではある。しかし、バックグラウンドで常駐するため、trackerが原因でいつの間にかPCが重くなったり、その原因もよく分からなかったりするので、かなり厄介な側面も持っている。

自分も、デスクトップ環境としてGNOMEを使っているので、trackerによってPCが重くなる不具合はたまに経験していた。しかし、trackerの不具合は突然発生したり突然解消されたりして、あまり原因がよく分かっていなかった。

最近、かなりtrackerによるリソースの消費が常態化してきたので、trackerの過剰なCPU消費の不具合の原因とその解消方法を調べてみた。

色々試行錯誤した結果、trackerによってCPUの負荷が高くなる原因とその対処法が分かったので、この記事にまとめておく。trackerのCPU負荷によりPCが重くなっている場合は、この対処法を是非試してみてほしい。


pacmanのアップデートでlibutf8proc: /usr/lib/libutf8proc.so.2 exists in filesystemのエラーが発生する時の対処法

pacmanのアップデートでlibutf8proc: /usr/lib/libutf8proc.so.2 exists in filesystemのエラーが発生
pacmanでArch Linuxのパッケージをアップデートしようとしたら、以下のエラーが発生してアップデートができなかった。
# pacman -Syu

:: Synchronizing package databases...
 core                                 130.7 KiB   934K/s 00:00 [##################################] 100%
 extra                               1642.0 KiB  3.27M/s 00:00 [##################################] 100%
 community                              4.5 MiB  6.44M/s 00:01 [##################################] 100%
...
error: failed to commit transaction (conflicting files)
libutf8proc: /usr/lib/libutf8proc.so.2 exists in filesystem
Errors occurred, no packages were upgraded.

libutf8procのパッケージが、/usr/lib/libutf8proc.so.2のファイルとコンフリクトしてアップデートできない状態になってしまっている。

この記事では、このエラーを解消する方法についてまとめておく。


pacmanでアップデート後にEmergency modeで起動するようになった時の対処法

2018年7月22日 更新
lvm2のバージョンアップで問題は完全に解決した。その内容を以下の記事にまとめてあるので、そちらを参考にしてほしい。

2018年7月22日
pacmanでアップデート後にArchl LinuxがEmergency modeで起動するようになった時の対処法(その2) | 普段使いのArch Linux

以下の記事は、古い内容。

pacmanでアップデート後にEmergency modeで起動するようになった
先日pacmanでパッケージのアップデートをした後、PCの電源を入れ直すとArch LinuxがEmergency modeで起動するようになってしまった。
You are in emergency mode. After logging in, type "journalctl -xb" to view 
system logs, "systemctl reboot" to reboot, "systemctl default" or "exit" 
to boot into default mode.

一旦、ルートパスワードを入力してEmergency modeに入った後、exitコマンドでEmergency modeを抜け出すと普通にGDMが起動してGNOMEのデスクトップ環境に入ることはできた。

問題なくデスクトップ環境が起動することを考えると大きな問題でもないはずだが、どうにか修理してEmergency modeが起動しないようにできないか調べてみた。

調べてみたところ、新しいバージョンのlvm2が悪さをしているらしく、lvm2をダウングレードするとで解決することが分かった。その詳細を記事にまとめておこうと思う。


2018年7月8日日曜日

ANAの無料Wi-Fiサービスに接続できない時の対処法

ANAの無料Wi-Fiサービスに接続できない
2018年4月1日よりANAのWi-Fiサービスが無料になった。旅行や帰省、出張で飛行機をよく使う人にとっては非常に嬉しいサービス。

実際に自分でANAの無料Wi-Fiサービスを使ってみたが、ANAの無料Wi-Fiサービスに接続する上ではいくつか、注意点があることが分かった。注意点を見落としていると、Wi-Fiサービスには接続できない。

この記事では、ANAの無料Wi-Fiサービスに接続できない時に確認すべき注意点についてまとめてみた。ANAの無料Wi-Fiに接続できない場合は、以下の注意点について確認してみてほしい。


ANA無料Wi-Fiサービスの対応機種と対応路線のまとめ

ANA無料Wi-Fiサービスの対応機種と対応路線
2018年4月1日より、ANAのWi-Fiサービスの無料化がスタートした(ANA国内線「ANA Wi-Fi Service」が2018年4月1日無料に! |ANA)。

無料Wi-Fiサービスを使えば、飛行機に乗っている間もSNSやライン、メール、インターネットを使うことができ、非常に便利。飛行機に乗っている間も退屈せずに過ごせる。

ただし、無料Wi-FiサービスはANAの全ての便、飛行機が対応しているわけではないので、注意が必要。この記事では、ANAの無料Wi-Fiサービスが対応してる飛行機の種類と、対応している路線についてまとめてみた。


iPhoneでANAの無料Wi-Fiに接続する方法

iPhoneでANAの無料Wi-Fiに接続する方法
2018年4月1日より、ANAのWi-Fiサービスの無料化がスタートした(ANA国内線「ANA Wi-Fi Service」が2018年4月1日無料に! |ANA)。

国内線に限られるが、主要な空港を結ぶ多く便で、飛行機に乗っている間も無料でWi-Fiを使えるようになった。飛行機の中でもスマホが使えるようになるので、飛行機を乗った時よくある「スマホが使えなくて暇つぶしできない…」という悩みから開放してくれる。

今回実際に、ANA無料Wi-Fiを使ってみて接続方法や使い方、注意点が分かったので、記事にまとめておこうと思う。


2018年6月3日日曜日

ISOファイルからWindows 10を再インストールする方法

ISOファイルからWindows 10を再インストールする
Windows 10はISOファイルから再インストールできるようになっている。ISOファイルと聞いて馴染みがない人もいるかと思うが、ISOはファイル形式。Windows 10のOSそのものが1つのISO形式のファイルにまとめられている。

このISOファイルを使えば、特にインストール用のDVDやUSBメモリを用意すること無く、Windows 10を再インストールすることができる。

この記事では、ISOファイルを使ってWindows 10を再インストール方法を紹介する。Windows 10を再インストールすることで、Windows 10を初期の状態に戻すことができる。

Windows 10の起動や動作速度が遅くなったりして、初期化したい場合や、Windows 10にインストールした不要なアプリケーションや設定を完全に削除した状態に戻したい場合などに参考にしてほしい。


Windows 10のISOファイルをダウンロードする方法

Windows 10のISOファイルをダウンロードする方法
Windows 10はISOファイルを使っても、再インストールできるようになっている。ISOファイルはインターネット経由でMicrosoftからダウンロードできる。

この記事では、Windows 10のISOファイルをダウンロードする方法をまとめておく。


UbuntuのLibreOffice Writerで縦書きがずれる時の対処法

UbuntuのLibreOffice Writerで縦書きがずれる
Ubuntu 18.04 LTSをインストールして、LibreOffice Writerで縦書きの日本語の文章を書いてみたら、ずれている文字がありうまく表示できなかった。

具体的な症状としては、長音の記号(ー)やハイフンの記号(−)が中央からずれて表示されてしまうという状態。

実際にUbuntu上のLibreOffice Writerを使って、縦書きした文章を載せておく。以下の画像のように、長音とハイフンが中央より右寄りに表示されてしまう。また、カギカッコ(「」)も若干右寄りに表示されてしまっている。

Google Noto Sans CJK Regular

pacmanのアップデートでffmpeg2.8: installing x265 (2.8-1) breaks dependency 'libx265.so=151-64'のエラーが発生する時の対処法

pacmanのアップデートでffmpeg2.8: installing x265 (2.8-1) breaks dependency 'libx265.so=151-64'のエラーが発生
pacmanでArch Linuxのアップデートをしたら、以下のエラーが発生してアップデートができなかった。

# pacman -Syu

:: Synchronizing package databases...
 core is up to date
 extra                               1620.4 KiB   636K/s 00:03 [##################################] 100%
 community                              4.4 MiB   954K/s 00:05 [##################################] 100%
 archlinuxfr is up to date
:: Starting full system upgrade...
:: Replace pkg-config with core/pkgconf? [Y/n] 
resolving dependencies...
looking for conflicting packages...
error: failed to prepare transaction (could not satisfy dependencies)
:: ffmpeg2.8: installing x265 (2.8-1) breaks dependency 'libx265.so=151-64'

ffmpeg2.8のパッケージがx265 (2.8-1) とコンフリクトして、x265のアップデートができなくなっている。

2018年5月27日日曜日

Ubuntuの日本語フォントがGoogle Notoフォントに(Ubuntu 18.04 LTS)

Ubuntuの日本語フォントがGoogle Notoフォントに
Ubuntu 18.04 LTSから、UbuntuのフォントがGoogle Notoフォントになった。Google Notoフォントとは、GoogleとAdobeが共同で開発した無料のフォント。

Googleは「Notoフォント」という名前で、Adobeは「源ノ明朝、源ノ角ゴシック(英名:Source Han Serif, Source Han Sans)」という名前で公開している。名前は違うが、両者の違いはほとんどない。

2014年にゴシック体(San-serif体)のNotoフォントが公開、2017年に明朝体(Serif体)が公開された。ちなみに、Notoの由来は、「No more tofu」。フォントがインストールされていない時に表示される□(豆腐)を撲滅する、という意味。

日本語以外のNotoフォントも作成・公開されており、800言語、11万字以上の文字のフォントが作られている。日本語のNotoフォントが含まれるセットの正式名称は、Noto Sans CJK、Noto Serif CJK(CJK = Chinese, Japanese, Korean)。ちなみに、Notoフォントによる日本語は、以下のような表示になる。

Noto Sans CJK(ゴシック体)

Noto Serif CJK(明朝体)

2018年5月20日日曜日

UbuntuのDockを常に隠して非表示にする方法

UbuntuのDockを常に隠して非表示にする方法
2018年4月27日にUbuntu 18.04 LTSがリリースされ、さらに2018年5月15日に日本語Remix版もリリースされた。

個人的に一番うれしかった変更点としては、Ubuntu 18.04 LTSからGNOMEがデフォルトのデスクトップ環境として使われるようになったこと。早速、Ubuntu 18.04 LTSをインストールして使ってみた。

デスクトップ環境はGNOMEになっているものの、見た目は思ったよりUnityな感じの仕上がり。普段GNOMEを使っている者としては、左側のサイドバー(いわゆる、Dock)が常に表示されているのが気に入らない。

そこで、Dockを常に非表示にする方法を調べてみた。その結果、意外と簡単に非表示にする設定が分かったので、記事にまとめておこうと思う。


UbuntuをUEFIモードでインストールする方法(Ubuntu 18.04 LTS 日本語Remix)

Ubuntu 18.04 LTSの特徴と変更点
Ubuntu 18.04 LTSが2018年4月27日に、日本語Remix版が5月15日にリリースされた。2023年4月までサポートが継続される、LTSバージョンのリリースとなる。

Ubutu 18.04 LTSはGNOMEがデフォルトのデスクトップ環境になっていたり、日本語フォントがGoogle Notoフォントになっていたりして、Ubutnu 16.04 LTSから様々なアップデートがなされている。Ubuntu 18.04 LTSの、主な特徴と変更点は以下の通り。

デスクトップ環境:GNOME 3.28
Ubuntu 16.04 LTSで使われていたUnityは廃止され、GNOMEがデフォルトのデスクトップ環境となった。デスクトップやウィンドウは、GNOMEのオリジナルなデザインに近くなっているかと思ったが、デザインはこれまでのUbuntuのバージョンに寄せたものとなっていた。しかし、設定など中身の部分はちゃんとGNOMEそのもの。
Linuxカーネル:Linux 4.15
Linuxカーネルのバージョンが4.15にアップデートされている。Meltdown/Spectreのセキュリティ問題のため、Linux 4.15の開発はわずか3ヶ月で開発終了となってしまった。カーネルのメンテナーは4.16へのアップデートを呼びかけている。Ubuntuの場合、開発が終了したカーネルであっても、メインラインカーネルのセキュリティパッチ等は取り込まれるようになっているので、4.15以降の変更も取り込まれるはずなので、心配はないと思う。
ブートのスピードが高速に
systemdの利点を活かして、ブートスピードの高速化が図られている。
日本語フォント:Google Notoフォント
Ubuntu 16.04 LTSでは日本語フォントとして、Takaoフォントが使われていた。Takaoフォントも十分見やすいフォントであったが、Ubuntu 18.04 LTSではGoogle Notoフォントがデフォルトのフォントに採用されている。Google Notoフォントもきれいなフォントだが、LibreOffice Writerで縦書きが印刷できない問題(LibreOffice Writerで縦書きできない・印刷時にクラッシュする時の対処法 | 普段使いのArch Linux)で、困ったことがある。Ubuntuでも同じ問題が起きないと良いが…

その他の気になる点としては、Waylandがデフォルトのディスプレイサーバーに採用されるのが、先送りされた点。Waylandがデフォルトのディスプレイサーバーとなるのは、Ubuntu 20.04 LTSの見通し。

Waylandをディスプレイサーバーとして使ってみたければ、ログイン画面で設定できる(GNOMEでWaylandを使う | 普段使いのArch Linux)。ただし、Wayland上では正しく動作しないアプリケーションは少なからずあるので、その点は注意が必要。


2018年5月13日日曜日

USBメモリからUEFIモードでWindows 10を再インストールする方法

USBメモリからUEFIモードでWindows 10を再インストールする
以前の記事(「メディア作成ツールでWindows 10のUSBメモリのインストーラーを作成する方法 | 普段使いのArch Linux」)で紹介したが、Windows 10ではメディア作成ツールを使って、インストーラーを自由に作成できるようになっている。

メディア作成ツールを使えば、必要な時に好きなメディアでインストーラーを作成できるので、非常に便利。Windows 10のOSの起動に時間がかかったり、調子が悪くなったりすることはよくある。

そのような時は、OSをクリーンインストールすれば、購入当初の状態にPCを復旧できる。この記事で紹介するUSBメモリインストーラーを使う方法であれば、PCに光学ドライブが付いていなくても、USBポートさえついていればクリーンインストールできる。

この記事では、メディア作成ツールで作ったUSBメモリのインストーラーを使って、UEFIモードでWindows 10を再インストールする方法を解説する。


2018年5月12日土曜日

メディア作成ツールでエラー(0x80004005 - 0xA001A)が出て、USBインストーラーが作成できない時の対処法

メディア作成ツールでエラー(0x80004005 - 0xA001A)が出て、USBインストーラーが作成できない
メディア作成ツールを使ってWindows 10のUSBメモリのインストーラーを作成しようとした時、エラー(エラーコード: 0x80004005 - 0xA001A)が出てUSBメモリのインストーラーの作成に失敗してしまった。

色々と試行錯誤した結果、メディア作成ツールでWindows 10のインストーラーの作成に失敗する時の対処法が分かった。この記事に、メディア作成ツールで出たエラーの症状と、Windows 10のインストーラーの作成に失敗した時の対処法をまとめておく。


メディア作成ツールでインストーラーの作成に失敗したUSBメモリをフォーマットする方法

メディア作成ツールでインストーラーの作成に失敗したUSBメモリをフォーマットする方法
メディア作成ツールでWindows 10のインストーラーの作成に失敗すると、USBメモリのフォーマットができなくなってしまった。

通常USBメモリはWindowsのエクスプローラーから、フォーマットできるが、メディア作成ツールで失敗したUSBメモリは、エラーが出てフォーマットできなくなってしまった。

試行錯誤した結果、diskpartを使ってコマンドでフォーマットすると、問題なくフォーマットできることが分かった。この記事では、メディア作成ツールでエラーを起こしたUSBメモリをフォーマットした時の症状と、メディア作成ツールでエラーを起こしたUSBメモリのフォーマットの方法について、まとめておく。


2018年5月9日水曜日

pacmanでアップデートをするとjs52: /usr/lib/libmozjs-52.so.0 exists in filesystemのエラーが発生する時の対処法

pacmanでアップデートをするとjs52: /usr/lib/libmozjs-52.so.0 exists in filesystemのエラーが発生
pacmanのアップデートをしたら、以下のエラーでアップデートに失敗した。
# pacman -Syu

:: Synchronizing package databases...
...
error: failed to commit transaction (conflicting files)
js52: /usr/lib/libmozjs-52.so.0 exists in filesystem
Errors occurred, no packages were upgraded.

/usr/lib/libmozjs-52.so.0のファイルが存在し、js52のアップデートとコンフリクトしている。


2018年5月6日日曜日

メディア作成ツールでWindows 10のUSBメモリのインストーラーを作成する方法

メディア作成ツールでWindows 10のUSBメモリのインストーラーを作成する方法
Windows 10は、メディア作成ツールを使ってインストーラーを作成できるようになっている。作成したインストーラーを使えば、Windows 10を再インストールできる。

最近は光学ドライブが付いていないPCが増えており、USBを使ってWindows 10を再インストールやクリーンインストールしたい人も多いと思う。このようなユーザーに向けて、メディア作成ツールが公開されており、メディア作成ツールを使って自由にWindowsのインストーラーを作れるようになっている。

この記事では、メディア作成ツールを使って、Windows 10をUSBメモリに書き込みインストーラーを作成する方法を紹介する。


2018年5月3日木曜日

【2018年】iPhoneおすすめ機種人気ランキング

iPhoneのおすすめの人気機種は?
iPhoneは毎年9月頃に新機種が発売されているが、古い機種も購入できたりしてどの機種を買ったらよいか迷っている人も多いと思う。

機種によって性能や価格が異なっているため、iPhoneを買う時にどのiPhoneが一番おすすめなのか、人気があるのか気になる。

この記事では、2018年のiPhoneの人気機種を調べてみて、2018年に購入するおすすめのiPhoneの機種ランキングを作ってみた。iPhoneを購入する予定のある人は、是非参考にしてほしい。


2018年5月1日火曜日

iPhoneに登録したクレジットカードを削除する方法

iPhoneに登録したクレジットカードを削除する方法
iPhoneにはApple Payという機能がついていて、クレジットカードを登録してiPhoneからクレジットカード払いができるようになっている。

iPhoneに登録したクレジットカードは、iPhone上で簡単に削除できるようになっている。なので、iPhoneでクレジットカードを登録する時に、削除の心配はしなくてよい。

この記事では、iPhoneに登録したクレジットカードを登録削除する方法についてまとめてみた。



iPhoneに登録したクレジットカードの使い方(iD、QUICPay、Suicaで支払う)

iPhoneに登録したクレジットカードの使い方
iPhoneには、クレジットカードが登録できるようになっている。しかし、iPhoneからクレジットカードを使う方法を知らない人も多いと思う。

iPhoneに登録したクレジットカードをお店で使おうとして、お店の人に「iPhoneのクレジットカードで払いたいです。」と言ってもiPhone上に登録したクレジットカードで支払うことはできない。iPhoneを差し出して、店員さんに「クレジットカード払いで」と言ったら、笑われてしまうので注意。

では、iPhoneに登録したクレジットカードはどうやって使えばいいのか?iPhoneに登録したクレジットカードは、「電子マネー」経由の支払いで使うことができる。

「電子マネー」と聞くと、チャージタイプのものを思い浮かべる人が多いと思うが、「iD」や「QUICPay」という電子マネーであればチャージ不要。したがって、普通のクレジットカードの支払いと同じ感覚で使える。ただし、Suicaなどの交通系電子マネーであれば、事前にチャージは必要となる。

実際に自分で、iPhoneに登録したクレジットカードを使って買い物をしてみたらすごい便利だったので、この記事に、iPhoneに登録したクレジットカードを使う方法と、使う上での注意点をまとめておく。注意点を知らないと、お店のレジの前で少し恥ずかしい思いをしてしまうかもしれないので、ぜひ参考にしてほしい。


2018年4月8日日曜日

iPhoneのWalletアプリへのクレジットカードの登録方法

iPhoneのWalletアプリへのクレジットカードの登録方法
iPhoneにはクレジットカードを登録できるようになっている。iPhoneにクレジットカードを登録しておけば、コンビニやスーパーでの買い物やネット上の買い物で使うことができるので、買い物の時にいちいち小銭を出したり、クレジットカードを出したりする必要がなくなる。

最近はコンビニや大手スーパーでも電子マネーに対応している店がほとんどなので、iPhoneにクレジットカードを登録しておけば、キャッシュレス・財布レス・カードレスな生活ができる。電子マネーが使えないお店が多いのは、小さめの飲食店、カフェ、ガソリンスタンド、ホームセンターなど。

まだまだ現金主義の日本なので、「コンビニやスーパーなど、日常でよく使うお店は電子マネー」で、「その他は基本、クレジットカードか現金」という使い分けが今のところ現実的。それでも、コンビニやスーパーの支払いを電子マネー化することで、現金の引き出し回数が減ったり、小銭の支払いが減ったりするためメリットは大きい。

iPhoneで電子マネーを使うためには、iPhoneのWalletアプリにクレジットカードを登録する必要がある。この記事では、iPhoneのWalletアプリにクレジットカードを登録する方法を解説する。


2018年4月7日土曜日

iPhoneの取扱説明書が見つからない時の対処法

iPhoneの取扱説明書が見つからない?
あまり知られていないが、Appleが公開しているiPhoneにはちゃんとした取扱説明書がある。その名も「iPhoneユーザガイド」。

ユーザガイドには、iPhoneとiOSのあらゆる機能が詳しく解説されている。しかも、iPhoneユーザガイドは無料でダウンロードできるため、市販のiPhoneの使い方解説本を買うのはもったいない。

iPhoneユーザガイドはiPhoneアプリのiBooksからダウンロードできるようになっているが、ダウンロードしようとしたら、見つからずに困ったことがあったので、その時のことを記事にまとめておこうと思う。


2018年4月6日金曜日

iPhoneには取扱説明書がない?いえ、ちゃんとした取扱説明書があります。

iPhoneには取扱説明書がない?
iPhoneを買った時に取扱説明書がついていないので、iPhoneには取扱説明書が用意されていないと思っている人も多いと思う。しかし、意外と知られていないがiPhoneにはちゃんとした取扱説明書が用意されている。しかも、そのページ数は1000ページ以上!iPhoneのあらゆる機能が、余すこと無く記載されている。

Appleが公開している、iPhoneの取扱説明書の正式名称は、「iPhoneユーザガイド」。取扱説明書には、iPhoneのハードウェアの説明、iOSの機能など非常に事細かに説明されている。iPhone上でも、パソコン上でも説明書は読むことができる。

iPhoneには説明書がないので、iPhoneの使い方解説本などを購入している人もいるかと思うが、「iPhoneユーザガイドがあれば、iPhoneの使い方解説本を買う必要はない」と感じるだろう。iPhoneユーザガイドに敵う解説本はない、と言っても過言ではない。

iPhoneユーザガイドのすごさは、以下の、iPhoenユーザガイドについてのAppleの説明を読めば分かると思う。この機会に、「iPhoneユーザガイド」をまだ読んだことない人は、一度目を通してみてほしい。
「ここには、iPhone について知っておくべきことのすべてが詰まっています。iPhone の基本的な使いかたや iPhone に搭載された驚きの機能のすべて、そして各機能を使いこなす方法を説明しています。Apple が開発した新しい iPhone を最大限に活用するための決定版のガイドです。」


2018年4月2日月曜日

USBメモリからUbuntuが起動できない時の対処法

USBメモリからUbuntuが起動できない
最近のPCは光学ドライブが付いていないものが多く、USBメモリからOSをインストールしなければならないPCも増えている。また、USBメモリは光学ドライブに比べて、読み込み速度、書き込み速度が速い等のメリットがあるため、光学ドライブが付いているPCを使っていてもUSBメモリからOSをインストールしている人もいると思う。

USB経由のOSのインストールは便利だが、USBメモリからOSをインストールする時と、光学ドライブからインストールする時では手順が異なることも多い。USBメモリからOSを起動するには、OSのisoファイルをUSBメモリに書き込む方法や、UEFI BIOSの設定など注意しなければならいポイントがある。これらの注意点を知らないでいると、USBメモリからのOSの起動に失敗してしまう。

USBメモリからUbuntuをインストールする機会があった。その際気づいた、USBメモリからUbuntuを起動させる上で、注意すべき点をこの記事にまとめてみた。


2018年3月31日土曜日

Linux上でisoファイルからUbuntuのLive USBメモリを作成する方法

Linux上でisoファイルからUbuntuのLive USBメモリを作成
USBメモリさえあれば、Linux上でLive USBを簡単に作成できる。Live USBを作成すれば、USB上でブートしたOSを試しに使ってみたり、USB上のOSをPCのストレージにインストールしたりできる。

USBメモリの代わりに、isoファイルをDVDなど焼いてLive OSを作成することもできる。しかし、光学ドライブを使うのにはデメリットがあるため、光学ドライブが付いているPCを使っていてもUSBメモリを使ってLive USBを作成する人もいると思う。

光学ドライブとUSBを比較した時、USBメモリを使う場合、以下のようなメリットがある。

  • 光学ドライブが不要。外付けの光学ドライブを用意する必要がない。
  • USBメモリは何度も書き換えできる。光学ドライブでDVD-Rを使う場合、OSごとに新しいDVD-Rが必要になる。
  • Live USBの作成、及びOSのインストールが高速。USBメモリは光学ドライブに比べて書き込み、読み込みが速い。

Live USBの作成は、「USBメモリ」と「Live USBを作成したいOSのisoファイル」さえあれば、簡単にできる。実際にLive USBの作成とOSのインストールを行ってみると、光学ドライブよりUSBを使ったほうが明らかに便利であった。

この記事では、Live USBメモリを、Linux上で作成する方法を紹介する。今回は、Live USBのOSはUbuntuとした。OSがLiveブートに対応していれば、Ubuntu以外のOSでも同じ方法でLive USBを作成できるのでぜひ試してほしい。


コマンドを使ってLinux上でUSBメモリをフォーマットする方法

コマンドを使ってLinux上でUSBメモリをフォーマット
Linux上でUSBメモリをフォーマットする機会があった。Linuxであれば、コマンドを使ってUSBメモリをフォーマットできる。

コマンドからUSBメモリをフォーマットするには、以下の2つの工程が必要になる。

  1. パーティショニングテーブルの種類を決めて、パーティショニングする
  2. フォーマット形式を決めて、フォーマットする

コマンドを使わないと、パーティショニングもフォーマットも一緒に行われてしまうので、気にしたことがないかもしれないが、実際は「パーティショニング」と「フォーマット」の2つの工程が必要となる。また、「パーティショニング」と「フォーマット」の種類も自分で選ばなければならない。

今回は、パーティショニングテーブルの種類は、現在一般的に使われているGPT(GUIDパーティショニングテーブル)で行うことした。また、フォーマット形式は、Linux、Winodws、Mac、いずれのOSでも認識できるFAT32形式でフォーマットすることとした。

この記事では、コマンドを使って、GPTパーティショニングとFAT32形式でUSBメモリをフォーマットする方法を紹介する。


コマンドを使わないでLinux上でUSBメモリをフォーマットする方法

コマンドを使わないでLinux上でUSBメモリをフォーマットする
Linux上でUSBメモリをフォーマットする機会があった。デスクトップ環境としてGNOMEを使っていれば、コマンドを使わずに簡単にUSBメモリをフォーマットできた。

この記事では、GNOME環境のLinux上でUSBメモリをフォーマットする方法をまとめておく。


2018年3月28日水曜日

USBメモリからUEFIモードでUbuntuをインストールする

USBメモリからUEFIモードでUbuntuをインストールする
最近は光学ドライブが付いていない、ノートPCやデスクトップPCが多くなってきて、USBメモリからOSをインストールしたい人も多いと思う。

UbuntuもUSBメモリからインストールできるようになっており、ハードウェアが対応していれば光学ドライブを使わずにUbuntuをインストールできる。

この記事では、isoファイルをUSBメモリに書き込み作成した、ブータブルUSBメモリを使ってUbuntuをUEFIモードでインストール方法を紹介する。


2018年3月27日火曜日

GNOMEのファイルマネージャ(Nautilus)のウィンドウ位置とサイズを記憶する

GNOMEのファイルマネージャ(Nautilus)のウィンドウ位置とサイズを記憶する
GNOMEのデフォルトのファイルマネージャは、Nautilus(現在の正式な名前は"File")が使われている。

Nautilusのウィンドウ位置とサイズは以前は、dconf-editor(gsettings)で設定することができた。いつからか覚えていないが、Nautilusのウィンドウ位置が固定できていなくなっていた。

この記事では、Nautilusを含めたGNOME系のアプリケーションのウィンドウの位置とサイズが、現在どのように設定・管理されているのか調べてみた。

結論から言ってしまうと、「GNOMEではデフォルトでウィンドウのサイズは記憶できるが、ウィンドウの位置は固定できない」という状態である。ウィンドウの位置を固定したい場合は、ウィンドウマネージャを変える必要がある。


Windows 10でUbuntuのインストール用USBメモリを作成

Windows 10でUbuntuのインストール用USBメモリを作成
最近は、光学ドライブが付いていないパソコンが増えている。一昔前だとノートPC、デスクトップPCともに光学ドライブが当たり前のように付いていた。しかし、今やノートPCだと光学ドライブが付いていない方が、逆に当たり前になっている。

OSのインストールの時などに、PCに光学ドライブが付いていなくて困ることがあると思う。外付けの光学ドライブを使えば、CDやDVDを扱えるようになるが、OSのインストールのために外付けのドライブを用意するのも勿体無い。

最近は、Ubuntuを含め多くのOSやハードウェアがUSBブートに対応しており、OSのインストールもUSBメモリから行えるようになっている。したがって、光学ドライブが無くてもOSのインストールが行えるようになっている。

ここでは、USBメモリからUbuntuのインストールを行いたい人向けに、Windows 10でUbuntuのisoファイルをUSBメモリに書き込み、USBメモリのインストーラーを作成する方法を紹介する。Ubuntu以外のOSをインストールしたい人も、他のOSのisoファイルを使えば応用可能なので、参考にしてほしい。


GNOME 3.28インストール|GNOME 3.28の特徴と変更点

GNOME 3.28をインストール
2018年3月14日に、GNOME 3.28がリリースされた。先日、Arch LinuxでもGNOME 3.28パッケージの提供が開始されたため、早速GNOME 3.28をインストールしてみた。

GNOME 3.28ではデフォルトのフォントのCantarellフォントがアップデートされたり、ファイルブラウザ(Nautillus)に新しい機能が追加されたりしている。

GNOME 3.28は、Ubuntu 18.04 LTS(Bionic Beaver)⁠のデフォルトのデスクトップ環境として採用されることとなっており、多くのLinuxユーザーが使うことになるためその注目度も高い。(「UbuntuでUnityが廃止されGNOMEが復活 | 普段使いのArch Linux」

この記事では、GNOME 3.28でアップデートされた内容について気になったところを紹介する。


2018年3月11日日曜日

Wayland上のVLC 3.0で動画を再生するとフリーズする時の対処法

Wayland上のVLC 3.0で動画を再生するとフリーズする
VLC 3.0にアップデートしてから、VLCの設定をいじっていたら動画再生時にシステムがフリーズするようになってしまった。

VLCだけのフリーズであればまだましだが、マウスもキーボードも何も効かなくなり、PCの主電源を強制的に切るしかなくなってかなりに困った。

この記事では、Wayland上でVLCをフリーズさせないように動画を再生するための、注意点と設定方法を紹介する。


VLC 3.0へのアップデートでWayland上でのフリーズ問題が解決

VLC 3.0へのアップデートでWayland上でのフリーズ問題が解決
2018年2月9日にVLC 3.0が公開された。VLC 3.0になり、SMB、FTP、SFTP、NFSプロトコルのサポート、360度ビデオ、3Dオーディオ、HDRへの対応、HDオーディオコーデックのHDMIパススルーへの対応など、非常に多くの機能が追加れた。

VLC 3.0へのアップデートで、個人的にうれしかったのは、Wayland上でのフリーズ問題が解決されていたこと。VLC 2.xまでは、Waylandをディスプレイサーバーとして使い、VLCで動画再生中にシークバー上にマウスポインタを持ってくると、VLCがフリーズする問題が発生していた(「Wayland上でVLCがフリーズする | 普段使いのArch Linux」)。

この記事では、Wayland上でVLC 3.0を使う方法と実際の動画再生の様子を紹介する。


VLC 3.0へのアップデートでちらつき(ノイズ)が発生する時の対処法

VLC 3.0へアップデートしたら動画がちらつく
VLC 3.0へアップデートした後、動画を再生してみたら動画の一部がちらつく(ノイズが発生する)ようになった。VLCの設定をいじってみたら、動画のちらつきは消えることが分かった。

この記事に、ちらつきの症状と改善の方法をまとめておく。