2018年5月27日日曜日

Ubuntuの日本語フォントがGoogle Notoフォントに(Ubuntu 18.04 LTS)

Ubuntuの日本語フォントがGoogle Notoフォントに
Ubuntu 18.04 LTSから、UbuntuのフォントがGoogle Notoフォントになった。Google Notoフォントとは、GoogleとAdobeが共同で開発した無料のフォント。

Googleは「Notoフォント」という名前で、Adobeは「源ノ明朝、源ノ角ゴシック(英名:Source Han Serif, Source Han Sans)」という名前で公開している。名前は違うが、両者の違いはほとんどない。

2014年にゴシック体(San-serif体)のNotoフォントが公開、2017年に明朝体(Serif体)が公開された。ちなみに、Notoの由来は、「No more tofu」。フォントがインストールされていない時に表示される□(豆腐)を撲滅する、という意味。

日本語以外のNotoフォントも作成・公開されており、800言語、11万字以上の文字のフォントが作られている。日本語のNotoフォントが含まれるセットの正式名称は、Noto Sans CJK、Noto Serif CJK(CJK = Chinese, Japanese, Korean)。ちなみに、Notoフォントによる日本語は、以下のような表示になる。

Noto Sans CJK(ゴシック体)

Noto Serif CJK(明朝体)

Ubuntuの日本語フォントの変遷
昔は、Linuxで使えるきれいな日本語フォントが無くて困った経験がある。なので、Ubuntuでの日本語フォントの変更は個人的に、少し感慨深い。過去のUbuntuでどんなフォントが使われてきたか、少し振り返ってみた。

Ubuntuでは、過去に色々な日本語フォントが使われてきた。10年も昔のバージョンになるがUbuntu 8.04 LTSではIPAモナーフォントがデフォルトの日本語フォントだった。また、VLゴシックフォント、東風フォント(こちふぉんと)なんてフォントもインストールされていた。

どのフォントも、「Linuxの日本語フォントと言えば」という有名なフォント。多くのLinuxディストリビューションの日本語フォントとして使われていた。しかし、今はUbuntuを含めVLゴシックや、東風フォントを使っているLinuxディストリビューションはほぼなくなってしまった。

Ubuntu 8.04 LTSの次のLTSバージョンの、Ubuntu 10.04 LTSからはTakaoフォントが日本語フォントとして使われてきた。今回のUbuntu 18.04 LTSでの日本語フォントの変更は、8年ぶりの変更となる。今後は、Google Notoフォントが安定してUbuntuの日本語フォントとして利用され続けるのかなと思う。

Ubuntu上でのNotoフォントの表示を確認してみる
まず、Ubuntu上での日本語フォントに、Notoフォントが設定されているか確認してみた。

fc-listコマンドで、Ubuntu上にインストールされている日本語フォントを確認した。fc-listコマンドで確認すると、日本語フォントはNotoフォントのみがインストールされている。したがって、Ubuntu上での日本語の表示は常にNotoフォントで表示される。


アプリケーションごとに独自のフォントの設定を行っている場合もある。UbuntuのデフォルトのウェブブラウザのFirefoxも、独自でフォントの設定を行うアプリケーション。

そもそもUbuntu 18.04 LTSには、日本語フォントがNotoフォントしかインストールされていないので、FirefoxもNotoフォントを使うことになっていると思うが、念の為、Firefox上でのフォントの設定も確認してみた。about:preferencesからフォントの設定を見ると、確かにNotoフォントが設定されている。


実際に、Firefoxで日本語のウェブページを表示させると、以下のような表示になる。

Google検索結果のページ

Wikipediaのページ



参考:
[1]Google Notoフォント(源ノ明朝、源ノ角ゴシック)をインストールして使ってみる | 普段使いのArch Linux

スポンサーリンク

スポンサーリンク


関連コンテンツ


この記事をシェアする

0 件のコメント:

コメントを投稿